個人病院においては、随時看護師が雇用される状態が保たれているのではないかと考えられています。この動向は多くの地域で普遍的なものとして確認されるようになり、看護師の雇用が安定的な状態で維持されることにも関与しています。病院の数は非常に多く存在していると考えられており、雇用の機会は恒常的に多いと言えるのではないでしょうか。そのため、看護師の仕事をしたいと希望する人が、病院などで勤務できる可能性は高くなってきつつあるとされており、強い関心が抱かれてきているのではないかと推測されています。
個人病院では積極的に新たな看護師を雇用したいと考える傾向が、この数年は強く見受けられているのではないかと思います。看護師の仕事の経験を有する人が、新たな職場を探す例も多く見受けられるようになり、個人病院に転職する例も増加してきつつあります。こうした例も含めて、看護師を雇用しようとする個人病院の存在は増加していると考えられていることから、注目が多岐にわたる方面から示されています。今後も同じような傾向が維持されていくと考えられているため、看護師の雇用の機会は個人病院を中心として多い状況が保たれるのではないでしょうか。