0年 0月 の投稿一覧

知ってほしい夜勤専従看護師のメリット

夜勤を嫌がる看護師さんってとても多いですよね。
夜勤の何が嫌がられるかというと、やっぱり生活が不規則になってしまう事でしょう。
また、看護師は女性の多い職業なので既婚者だったり子供がいると、夜は家に居たいと思うのも当然です。
そんな訳で夜勤を嫌煙する看護師が多くなっているのです。
看護師の働き方には、夜勤だけを行う夜勤専従看護師というものがあります。
夜勤ばっかりなんて辛そう、そんな風に感じる人も多いかもしれません。
でも、夜勤専従看護師って意外とメリットも多く、特に独身者やまだ数の少ない男性看護師にはお勧めの働き方だったりします。
夜勤専従者の場合、日勤と夜勤を繰り返す事がないので一度リズムをつかんでしまうと交代制の勤務よりも体調を壊すことは有りません。
救急病院などは別ですが、夜は急患がない限り意外と穏やかに仕事をこなすことが出来ます。
それに、なんと言っても夜勤専従者はお給料が格別に良いんですよね。
しかも、日勤よりも休みが多くじっくりと身体を休めることだって出来ちゃうんです。
もし、夜勤専従者看護師の募集を見つけたら内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。
日勤だけで働くよりもお給料はいいですし、また交代制で働くよりも身体への負担もありません。

地方の病院に勤務する看護師像

関東地方にある精神科単科の病院に勤務する看護師です。都内の病院からこちらへ異動してきて一番最初に感じたことは、看護師の質の悪さでした。接遇の問題ともいうのでしょうか?口の聞き方や言葉の使い方がなっていないばかりか、精神科だからなのでしょうか?看護師としての自覚が全くない人たちばかりで、正直うんざりしてしまいました。
ご存知のように、地方の病院は看護師不足で常時頭を抱えています。看護師不足は病院経営にも大きく影響してきます。だからなのか、分かりませんが、いくらトラブルを起こそうが、いくら始末書を書こうが、全くの処罰がないのです。あげくのはてに、病欠を理由にして、パチンコが通いをしている看護師がいたりして、平気で夜勤をふけってしまうという、もうあきれて何もいえません。
これではきちんとしている看護師が、どんどん離職してしまうのは当然のことです。民間の病院ですから、内々で評価もありますが、何と評価を付けている上司にも問題があるのですから、これはたまったもんではありません。
地方の病院すべてがこのような悪い環境だとは思いませんが、何とか早期に改善して頂きたいと、切に願わずにはいられません。そして、人事制度についても、教育をきちんと受けてきた方、そして能力のある方がトップに立つことを強く願います。准看護師が昇格することには、私自身大反対です。ある意味、学歴も視野に入れて、妥当な評価をして頂く余地があるのではないかとそう思います。

看護師に対するリスペクト

先日鳥取県で、養護学校の看護師さん六人全員が一斉に辞職願いを出すというニュースがありました。
原因は一人のモンスター化した保護者の言動のようです。
テレビのインタビューに答えていましたが、非常に高圧的で、日ごろ面倒を見てくれた看護師の方々に対する感謝の気持ちが、一かけらも感じられませんでした。
看護師は国家資格です。
しかも仕事がきついことが分かっていて目指し、勉強し、日々激務をこなしている人たちです。
そんな方々が患者を「死んでもいいと思っている」訳ないのに、そんな台詞を堂々と吐ける保護者の人間性を疑ってしまいます。
いくら仕事だから患者のケアは当然とはいえ、もっとリスペクトするモラルを持ち合わせていないのでしょうか。
実際に医療ミスがあったりその兆候があったなら話は別ですが、少ない人数で善処しているのを陰湿に非難し辞職まで追い込むのは、正常な人間のやることではありません。
私の妹も看護師ですが、やはり患者のハラスメントが問題になっていると言います。
自分の思い通りに身体が動かずイライラすることもあるでしょうが、それを病院スタッフに当たり散らすのはお門違い。
モラハラ・セクハラ患者が増えることで看護師の人手不足がこれ以上深刻化することがないよう祈るばかりです。